ookawa1224IMGL1748_TP_V



どうも、玲音です!

今日は仮想通貨に対して思うことを書いていきます。あくまでも学の無い個人の考えですw
Twitterでも某掲示板でも「仮想通貨は終わった」という人達を目にするようになりました。
そして僕自身も、「巨大な富と権力」によってほぼ全ての仮想通貨は焼かれるのではないか、そんなシナリオを妄想さえしていました。
とてもオカルトチックになるのですが、ロスチ〇イルドとかイルミ〇ティとかそんなようなところですwなぜ大昔から富める者は富める者のままか考えると..空恐ろしく。




なのでやはり、お金の「完全なる非中央集権」というのはまだまだ先で、それには人類が人間が、物質的ではなく精神的にawakeしたときかなと。おっ〇い!おっ〇い!と(※真面目な記事です)

しかしながら、仮想通貨の開発に携わっている若い人たち、とりわけBitZeny&MONA界隈においては「高校生前後」の割合が非常に多く、彼らの活動を見ていると「彼らなら近い将来、巨大な力に打ち勝ち、理想郷を実現するのではないか」、そんな風にも思えてくるのです。
これについては、BitZenyコンテストを主催していたセルペンティさんがALIS記事で書かれています。

https://twitter.com/inogucci117



そして先ほど(2018/8/20)、記事の中でも紹介されているきゃんた氏の「Canpayment」がAppleの審査を通過し、満を持してリリースされる事が決定しました。
「Canpayment」はXRP、MONAだけでなく、我らがBitZenyにも確実に対応してくる予定です。

そんな風にして、例えばコミケとかカフェとかバーとか、若い人たちが積極的に使う場が増えれば、自然と非中央集権に近づいていくのかもしれません。
たとえばBitZenyなら、1ZNY=1円とかでなく、「1ZNYは1ZNY」という、もはやJPY換算さえしない使われ方が、個人的には理想だと思っています。




もちろん、だからと言って仮想通貨の投機・投資を否定している訳じゃあ全然ありません。
むしろ、仮想通貨取引所「BITPoint」がサッカーの本田圭佑選手を起用してきたいま、投機としてはチャンスの時期だとさえ思っています(笑)




BITPointはまだ口座開設申請したばかりですが、電話サポートがあったりと、これまでの取引所には(SBIVC除く)無かった安心感があるのかなーと。メールだけとか不安ですしね。


っとここにきてねむい...とてつもなくねウイ...おっ〇い。